Radish


Spybot S&Dってなに?

一言で言うと、PC上に潜む「スパイウェア」を退治してくれるソフトです。


Spybot S&Dは、動作原理はアンチウィルスソフトと似ています。スパイウェアの特徴を識別するためのパターンファイルを持ち、パターンファイルにマッチしたファイルやプログラムを修正したり削除したりします。

単にディスクをスキャンしてスパイウェアを発見するだけではなく、「免疫機能」によって特定タイプのスパイウェアがPCに侵入するのを防ぐこともできます。

更に嬉しいことに、Spybot S&Dは全面的に日本語に対応しています。(インストーラーの一部で文字化けしてますけどね。)


まずは...

まずはソフトを手に入れてください。(フリーソフトです)

SpyBot - Search & Destroy  
  (通称 Spybot S&D)

公式サイト( http://www.safer-networking.org/en/download/index.html )から無償でダウンロード(DL)できます。
ページを開いて、「Spybot - Search & Destroy *.*」と書かれたところのリンクか、右側の「Download here」と書かれたボタンをクリックすると、ダウンロードサイトにジャンプしますので、そこからSpybot S&DをDLしてください。


インストール

DLした[spybotsd**.exe]をダブルクリックします。(**はバージョン)

ここではインストール時の言語の選択をします。
「Japanese」を選択します。(バージョン1.4からインストーラーも日本語対応になったみたい。)


インストールウィザードが開始しますので、[Next]をクリック。


後は一般的な画面が出てきますので、[Next]で進めていきます。
使用許諾契約書が文字化けしちゃってるけど....まあいいか。





この画面では「Additional languages」がチェックされていることを確認してください。
この項目がチェックされていないと日本語が表示されなくなってしまいます。














ではさっそく...

Spybot S&Dを起動したら、本体画面の前に次の画面が表示されます。
「次回からこのメッセージを表示しない」にチェックして[OK]ボタンを押します。


Spybot S&Dの画面が表示されたら、まずは、「日本語」に設定変更します。


後はウィザードに従って進めます。








なぜかここで英語のメッセージが出てきます。
英語が苦手なのでよく分かんないけど「Immunize」って「免疫する」とか意味みたい。
このボタンをクリックしておくと、特定のスパイウェアをインストールさせないようにできます。





これでやっとSpybot S&Dが本格稼働です。
早速「スキャン開始」をクリックして、ディスク内のスパイウェアをスキャンします。





私のPCにはスパイウェアは見つかりませんでしたが、もし、スパイウェアが発見されれば「問題箇所」の部分に表示されます。
全ての項目にチェックして「問題箇所を修正/削除」をクリックします。


確認画面が表示されますので「はい」をクリック。


以上でおしまいです。

なお、私の場合、Spybot S&Dを使うときは必ず[Update]を実行してからにしています。




アクセス解析
アクセス解析|ヨガ|ヨガ|SEO