最近、年のせいかちょっと前にやったことでもすぐに忘れちゃうんです。。。。。。。。
情けないけど、しょうがないですね。
そこで、このページを自分の「備忘録」代わりにWindows Vistaに関する色んなことを思いつくまま、知り得たままに書いておこうと思います。


「マイコンピュータ」ってどこにあるの?
Vista対応していないソフトを互換モードで動かす
「スタート」メニューの電源ボタンでシャットダウンするには
回線のスピードアップ
画面のキャプチャー
Vistaでなくなったフォルダの「上へ」ボタンを復活させる方法
間違って「ごみ箱」を消しちゃったら
マイクのボリュームってどこにあるの?(準備中)




「マイコンピュータ」ってどこにあるの?
Vistaを使い始めて最初に戸惑うのはやはり「言葉」ではないでしょうか。
その中のひとつが、今までWindows95からXPまで使い続けられてきて、しかも使用頻度の高い「マイコンピュータ」ではないでしょうか。
答えは、「コンピュータ」です。
Vistaでは、XPまで「マイxxxxxx」と表現されていたものから「マイ」がなくなったみたい。
     マイコンピュータ  ⇒  コンピュータ
     マイネットワーク  ⇒  ネットワーク
     マイドキュメント   ⇒  ドキュメント




Vista対応していないソフトを互換モードで動かす

インストールしたいソフトがVistaに対応してるかどうか。
対応していなくても動くソフトはたくさんあります。
でも、動かないソフトも当然あります。
そんな動かないソフトを動かす方法のひとつに「互換モード」というのがあります。
互換モードというのは、Vistaを擬似的にXP以前の状態に戻してソフトを動かすというものです。




互換モードで起動させたいソフトのショーカットまたは実行ファイルを「右クリック」、「プロパティ」をクリックします。




プロパティ画面で「互換性」タブを開き、「互換モードでこのプログラムを実行する」にチェックを入れて「OK」をクリックします。




「スタート」メニューの電源ボタンでシャットダウンするには
「スタート」メニューの電源ボタンは初期設定では「スリーブ」になっています。
設定を変更して、このボタンで「シャットダウン」にするには、

コントロールパネル ⇒ システムとメンテナンス ⇒ 電源オプション
⇒現在選択している電源プランの下の、プラン設定の変更
⇒詳細な電源設定の変更 ⇒ 電源ボタンとLID 
⇒[スタート]メニューの電源ボタンの操作
⇒[設定:]の右側のプルダウンメニューで「シャットダウン」を選ぶ




回線のスピードアップ
XPでは、RWIN値というものの設定を変えることでかなりのスピードアップができていました。
ところが、Vistaになって、
このRWIN値がネットワークに合わせて自動調整されるようになり、常に適切な設定で高速通信できるようになったとのうたい文句。
にもかかわらず、全然速くないというか、まるで遅くて困っていました。

そんな折、とても素晴らしいソフトを見つけました。
「Mz Vista Force」というソフトです。
      配布 :  Homepage of Michael Zacharias
                http://mztweak.bravehost.com/MzVista.html


まずは上のサイトからDLします。


DLしたファイルをダブルクリックするとインストールが始まります。
「Next」をクリック。



「Next」をクリック。


インストール先を指定して、「Next」をクリック


以上でインストールは完了。
「Finish」ボタンをクリックするとヘルプ画面みたいなのが出てきますが「X」ボタンで終了。



「Mz Vista Force」が自動的に起動します。

今回、画面キャプチャーできませんでしたが、最初にげんざいの状態をバックアップするかどうか聞いてきますので、必ずバックアップを取っておいてください。

「Performance Tweaks」タブを選択。
いちばん上の欄で自分のPCのCPUを選択する。




「Internet Optimizer」タブを選択して、
「Auto Optimize For」で自分の回線を選択して、
「Enable Auto-tuning」をクリックします。










確認画面で「Reload Registry」をクリック。







「Close」ボタンをクリックして完了です。
たぶんWindowsを再起動しないとダメかな?




最後に、何らかの事情で元に戻したいときは、「Backup-Restore」ボタンをクリック。



「Restore」ボタンをクリックすると元の状態に戻ります。


私の環境では、Vistaを入れてからの回線スピードは20Mbps程度でしたが、このソフトを使ってからはかなりのスピードアップになりました。



画面のキャプチャー
Vistaになって画面のキャプチャーソフトがアクセサリーとして用意されました。
今までフリーの「Capwrite」と「Rapture」というソフトを使ってたんですが、Vistaでは「スタート」⇒「すべてのプログラム」⇒「アクセサリ」に[Snipping Tool」というキャプチャーソフトが入ってます。
これが、結構シンプルで使いやすいです。




Vistaでなくなったフォルダの「上へ」ボタンを復活させる方法
XPではフォルダを開いててひとつ上のフォルダに移動したいときには下の画像のように「上へ」ボタンがあって、それをクリックすると簡単に上のフォルダに移動出来ました。

ところが、Vistaになってこのボタンがなくなってしまいました。
慣れの問題なのかもしれませんが私としてはどうも不便に感じてしまいます。
そこで、正攻法ではありませんがボタン復活方法をひとつ。


まずは、http://qttabbar-ja.wikidot.com/ から「QTTabBar」というソフトをダウンロードします。
「QTTabBar_1.2.2.1.zip」というファイルがダウンロードされます。
(※ファイル名の中の「1.2.2.1」の部分はバージョンですので新しいバージョンが出たら変わりますが問題ありません)

ダウンロードが終わったらどこか適当な場所に「QTTabBar」というフォルダを作成して、その中にコピーしてそこに解凍します。

QTTabBar.exeを右クリックして「管理者として実行」をクリック。


インストールがはじまります。






何でもいいのでフォルダを開き、、「整理」→「レイアウト」で「メニューバー」にチェックを入れます。


メニューの「表示」→「ツールバー」で「QT TabBar」と「QT Tab標準のポタン」をクリックしてチェックを入れます。このとき、一番下の「ツールバーを固定する」にチェックが入っていないことを確認してください。もし、チェックが入っていたら「ツールバーを固定する」をクリックしてチェックを外すこと。


QTTabBarのツールバーが表示されるので、ツールバーの上で右クリックして「カスタマイズ」をクリックします。
なお、ツールバーの位置は、ドラッグ&ドロップで移動できます。


「Button options」が表示されますので、右窓のボタンを選択して「 << 」ボタンをクリック。右窓のボタンがすべてなくなるまで繰り返します。


右窓のボタンがすべてなくなったら、左窓の中から「上へ」ボタンを選択して「 >> 」ボタンをクリック。




これで、XPにあった「上へ」ボタンの復活です。



間違って「ごみ箱」を消しちゃった
ごみ箱を空にしようと思って、ごみ箱を右クリックしたら「削除」という項目があります。XPにはありませんでした。
で、ついうっかりこの「削除」をクリックすると「ごみ箱」そのものが消えちゃいます。



そんなとき、あせる必要はありません。
以下の方法で簡単に復活できますから。

デスクトップのなにもないところで
「右クリック」→「個人設定」

個人設定画面が開いたら、「デスクトップアイコンの変更」をクリック。

ここで「ごみ箱」にチェックを入れて、OKボタンをクリックすると復活します。