みなさんの「声」で成長していくHPです。どしどし「声」をお寄せくださいね〜♪
要望・質問・意見等があったら、「BBSにどんどん書いてね
 
CGIのローカルテスト

Webサーバはもう構築できましたか?

もし、まだだったらTOPページの「Webサーバーの構築」に詳しい説明がありますから、まずはWebサーバの構築を済ませてね。

では本題に入ります。

◎AvtivePerlのインストール

いきなり「ActivePerl」ってなんだ?という方もいるかと思います。
簡単に言っちゃうと、CGIを作ったり、動かしたりするために必要なOSみたいなものかな。PCを動かす為にWindows等が必要なように、CGIにはPerlが必要なんだと思ってていいと思います。

●ActivePerlをダウンロード

「おすすめフリーソフト」でも紹介していますが、下のHPへ行ってダウンロードします。
http://www.activestate.com/ASPN/Downloads/ActivePerl/

ページ中ほど左側の「Activeperl5.6.1.626」-「Windows」-「MSI」をクリックします。
上のActiveperlの後に続く数字はそのときのバージョンによって変わっていきます。
最新のバージョンのものをダウンロードしてください。

ActivePerl-5.6.1.626-MSWin32-x86-multi-thread.msi」という長ったらしい名前のファイルがダウンロードされます。
ファイルの大きさが7MByteちょっとありますので、のんびり待ってください。

●インストール

ダウンロードした「ActivePerl-5.6.1.626-MSWin32-x86-multi-thread.msi」をダブルクリックするとインストールが始まります。
Windows95や98では必要なシステムが足りないことがあるそうです。インストール前にインターネットエクスプローラのバージョンを確認して、もし5.01以前のバージョンだったら5.01以上にバージョンアップしてください。
IEのバージョンアップは、TOPページの下の左側にリンクが貼ってありますのでそこからどうぞ。

インストール先はどこでもいいんですが、とりあえず「Webサーバー構築」で作った「www」フォルダに
「perl」というフォルダを作って、そこにインストールします。

フォルダ構成は以下のようになります。

  C:\www /
    ├--- local-hp /
    ├--- perl /      <----このフォルダを作成してインストールする
    ├--- cgi /
    ├--- cgi-bin /
    ├--- httpd-docs /
    ├--- imagemap /
    ├--- isapi /
    ├--- maps /
    ├--- Script /
    └--- SSI /

※もし、上の通りインストールして上手くいかなかったらbugに聞いてください。TOPページのmailでもいいし、BBSでもいいです。

インストール中に幾つかのウィンドウが表示されますが、そのまま「Next」ボタンをクリックしてください。
ただし、インストール先のフォルダだけは、上で作成した「C:\www\perl」に直してね。

●インストールの確認

さて、インストールが終わったら、正常にインストールされたかどうか確認しましょう。

・[スタート]→[プログラム]→[アクセサリ]→[コマンドプロンプト]でコマンドプロンプトを起動します。
・真っ黒な画面が出て来たでしょ。画面内の一番したの行に「C:\>」と表示されてるでしょ。
この状態で、「perl-v」と入力して[Enter]を押す。
・「This is perl, v5.6.1 built for MSWin32-x86-multi-thread」に続いて何行かのメッセージが表示されればperlのインストールが正常に終了したことを意味します。
・「perl」と入力して[Enter]キーを押します。何も起こらなくて正常です。
・「print"Hello !!cgitest";」と入力して、[Enter]を押します。
・[Ctrl]キーを押しながら、[Z]キーを押します。([^Z]と出てきたでしょ?)
・[Enter]を押します。

※上の文章中の「□」マークは「半角スペース」の意味です。

どうですか?
画面に「Hello !! cgi test」って出てきました?

もし、[Enter]を押したときにエラーメッセージが出たときは、[Ctrl]+[C]で処理をキャンセルして もう一度[perl]コマンドからやり直してみてください。

これで、「ActivePerl」のインストールは完了です。

WebサーバとActivePerlのインストールが終われば、もういつでもCGIのローカルテストはできますよ。

ではここで、The Room(http://dream.lib.net/room/index.shtml/)管理人の夢さんが作られたBBSを導入してテストしてみましょうか。

まずは、The Roomへ行って「One Line BBS Ver.1.22」をダウロードしてください。「LHA形式」と、
「ZIP形式」がありますがどちらか一方をダウンロードして解凍してください 。

解凍は「linebbs」というフォルダを作って、そこに解凍します。

フォルダ構成は以下のようになります。

  C:\www /
    ├--- local-hp /
    │      └--- linebbs /(755)   <----このフォルダを作成して解凍する
    │                      ├--- linebbs.cgi(755)
    ├--- perl /        ├--- log.dat(666)
    ├--- cgi /         └--- jcode.pl(644)
    ├--- cgi-bin /                 ※括弧書きはパーミッションです
    ├--- httpd-docs /
    ├--- imagemap /   
    ├--- isapi /
    ├--- maps /
    ├--- Script /
    └--- SSI /

それでは、解凍が終わったら、動かしてみましょう。
・AnHTTPDを起動。
・ブラウザを起動。
・ブラウザのURL欄に「http://127.0.0.1/local-hp/linebbs/linebbs.cgi」と入力して[Enter]。

どうですか?
BBSが表示されたでしょ。

なお、上のフォルダ構成にパーミッションが書かれてますが、ローカルでCGIを起動させるときはパーミッションの設定は必要ありません。

テストOKなら、後は実際のサーバにCGIをアップして、パーミッションの設定をして、最終テストです。
以上で「CGIのローカルテスト」は終わりです。

どうですか?
このような方法でテストすれば、どんなCGIでも、またHPそのものも簡単にテストしてからサーバにupできますよね。

◆あとがき◆

「Webサーバの構築」、「CGIのローカルテスト」と書き終えて、ふと思ったけど「このページを印字したらどうなるんだろ?
文字の色は「白」だし.....(ーー;) ぅぅぅぅ〜
恐る恐る印字してみました。。。。


| TOP Pageに戻る |


 
Since 2001.5.1
更新日 2001.7.4(Wed).

当ページはご自由にリンクしていただいてけっこうです。

ご一報いただければ、嬉しいですが.....
 

 

 

 

 当サイトをご覧になるには、IE5.01以上をお使いになることをお奨めします。